現在の閲覧者数: blue・green ★☆ Fishing Report 50 ☆★
FC2ブログ
★☆ Fishing Report 50 ☆★
- 2015/08/18(Tue) -
皆様

こんにちは★☆

blue green

今回は記念すべき

50フィッシング・レポート です

先週のうち2日ほど、夜のライトルアーゲームを楽しんできました
ひと月前に比べると、かなり夜の冷え込みも落ち着いてきた気がします
まだまだ防寒着は必要ですが、雪だるまのようにはならなくてよさそう

さて、シドニーでのナイトゲーム
メインターゲットとしては、やはりBream・クロダイFlathead・コチなどでしょう!

とゆーことで、上記2魚種を中心に狙っていきます!
まず初日、はじめに入ったのは、かのハーバーブリッジが綺麗に見えるスポット☆★



ライトアップされて、いー感じっすね

この場所の何が良いかと言うと、クロダイが好むストラクチャーが豊富
護岸、桟橋、船、ゴロタ、砂地、回遊するとき以外はこのように変化のある場所、ストラクチャーにつく習性があります。
更に、1箇所、常夜灯が広範囲に当たっているところもあり!

ココでジグヘッド + ガルプ をキャスト。

底をとって2~3回ピョンピョン & カーブフォール これで狙っていきます。

ワームの種類は何でもいいですが、比較的シルエットが小さく、細いものなどに反応がいいようす。
細身のミノー系や小粒なグラブが釣れ筋ですね

ハーバーブリッジを眺めながらボトムをピョンピョンしていると、突然重み
アクションを一時ストップ!
アタリをきいてみるとグイッと手応え、そして即アワセ

HIT

重量感はまぁまぁですが、引きがクロダイではない!
グンっグンっと首を振る感じからするに、おそらくコレはあいつ!

そして、予想通りのコレ



Flathead・コチ でした!
ガルプのミノーをガッツリ



ちょうど満潮のタイミングだったので、上げ潮にのり、餌を探して回遊してきたのでしょう!
この辺の水は綺麗じゃないのでリリース

この辺でカフェ屋のユー氏から『仕事が片付き、これから合流する』と連絡あり。
それに合わせてユー氏自宅付近のポイントへ移動。

先ほどとうって変わって、ココは小規模なワンド。それでも流れ込みなどもあっていい感じ!

一番おいしそーな流れ込みを中心にキャスト開始。

と、開始早々にユーHIT

電光石火で釣り上げたのは、



コチでした!

更に、この魚をリリース直後に再度ヒット

鬼アワセを決め、今度は違う魚種をゲット



コレは Whiting・キスです!
日本の投げ釣りで人気のシロギスとはまったく異なりますが、キスの一種★



このキスなんですが、実はオーストラリアで結構人気のルアーターゲット!
暖かい時期には、遠浅の砂地ポイントでトップに出たりします

この後もアタリがありますが、中々乗らない…
魚が小さいことは想像できますので、シルエットをより小さくするため、ワームをグラブに変更。
できるだけ遠投して、底をトントン小突いていると、グッググググググっとひったくるアタリ
自分も負けじと鬼アワセ(笑)
バシッと今年一番快心のアワセ(笑)

軽いですが、なかなかの引きで楽しませてくれます!
この泳ぎ方は??



チビですが、本命のBream・クロダイ(笑)

写真はコージ氏による編集

元気に海へ帰って行きました!

その後少し停滞の時間。

なんやかんやと色んな事を喋りながら釣りをします。これもまた乙なもの★

そんな時、ゴイッと重くなります!
根掛かりか??と思い、ロッドを引くと寄ってくる

まったくもって引かないですが、かなり重いので 『あ~… ビニール袋釣っちゃった… 』パターン…
かと思いきや

何かが微妙にユラユラしてる…

なんじゃ

引っ張りあげてみると…



おお~……

気持ち悪い!!( ̄◇ ̄;)

エイの仲間のもよう!食ったのではなく、ヒレに引っかかったんですね

にしても強烈なビジュアル…
ユラユラとまた帰って行きました。

その後、今宵 絶好調のユー氏が、コチを更に一尾追加!!



この日はこの魚で打ち止め!

短時間でしたがかなり楽しめました

ってな具合で、この日参加できなかったメンバーが翌日、再度夜な夜な集まります(笑)

コージ氏とクニ氏が参戦!

前日の釣果を考え、ユー氏自宅付近のポイントで開始!

と、こ、ろ、が

予想に反しての渋々な状況…
コレが釣りなんです…

何かしらの要素で毎日同じように行くとは限らない… う~ん自然め
まぁ、この絶対がないから反対に難しくてオモシロイわけなんですが

昨日と同じ戦法ではアタリすらない状態のため、違うものを狙ってみます。

この日の場所は船着場があり、そこのライトが煌々と海面を照らしています。
経験上、このような場所には必ずテイラーがいる!!
ライトに集まる小魚をテイラーは狙っています

ほぼ青モノのようなテイラーを釣るには、昨日までのボトムネチネチ作戦とは真逆に、表層を素早くワインド
ピッピッピッピッと小刻みにトゥイッチを入れ、逃げ惑う小魚を演出
すると何投目かにゴツっとアタリ

ドラグを出しながら走り出します

オモロイ >_<

狙い通り獲ったテイラーはコレ!



こんなサイズでもよく引きます!!



この後、他の2人も同じように狙い、何度もアタリが!
特にクニ氏は、ヒット直後にラインブレイク
テイラーの歯は鋭いため、リーダーごと切られたもよう (; ̄O ̄)
おしい…

その後少し離れた場所で釣っていたら、もとのスポットから叫ぶ声が(笑)
なんだ??
戻ってみると、コージ氏ふぃっ~しゅ



初テイラーとの事で、おめでとございまーす
ナイススマイル

この後はアタリが続かなくなってしまったので、大きく場所を移動。
Anzac Bridge方面へ!
ですが、到着したときにはド干潮になってしまい、魚もおネンネタイム…

残念ながら追加でキャッチはなりませんでした。
ただ、本当に身近な場所、軽い道具で楽しめるこのスタイル

これから暖かくなれば、もっといい思いができます
ルアー入門に特にオススメ

コージ氏はこれでライトゲームにハマってしまい、その後も一人で夜練を繰り返しているそーです \(^o^)/

それではまた次回
関連記事
スポンサーサイト



この記事のURL | Fishing Report | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<☆☆ Fishing Report 51 ☆☆ | メイン | ☆☆ Fishing Report 49 ☆☆>>
コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://kaygo32.blog.fc2.com/tb.php/74-506109f8
| メイン |