現在の閲覧者数: blue・green 2017年04月
FC2ブログ
☆☆ Fishing Report 86 ☆☆
- 2017/04/07(Fri) -
皆さん

お疲れ様です。

先日に続きまして、過去の釣行レポートです。
12月、Urban sideでのライトゲームです!

blue green

86フィッシング・レポート

世界三大美湾の1つと称されるシドニー湾はルアーゲームのポイントが無数に存在します

ちなみに三大美湾のあと2つは知りません(笑)

自分のメインジャンルである磯からの大型青物はもっぱらシドニー湾外にポイントがありますが、ライトゲームはシドニー湾内で楽しんでいます

これまでもチヌ(キビレ)を含めて色々なライトゲームをお伝えしてますが、今回はシドニー近郊ど真中でのゲームです。

場所はかの有名なハーバーブリッジのすぐ近く!
オーストラリアの商業中心部でもライトゲームが楽しめます

人工のストラクチャーが豊富なこのエリアはチヌのストック量がハンパない
12月のとある朝一、ポッパーだけを武器に投げ倒します。

岸からすぐ深くなっている事もあって壁際にかなりチヌが付いています。
沖ではなく岸を沿うようにポッパーをキャストしボコっボコっとアピール。

すると若干岬状になっている箇所で青物のようにドバシャンと派手なバイト

これがたまらん

続いてチヌ特有の突っ込むような引き。

1尾目からナイスサイズ



こんな街中でヒット(笑)



面白すぎる

少し移動して、今度は小規模堤防の角を目掛けてキャスト。
その角を過ぎたあたりでまたヒット

今度はチヌではない引き!!!
ブリブリとあっちゃこっちゃ泳ぎ回り、時折ジャンプ

正体はテイラー



ライトゲームで楽しむには十分なサイズすね!

ほんの小一時間でこれだけ楽しめます

まだまだトップで釣れるシーズンですので、皆様もお試しアレ

スポンサーサイト



この記事のURL | Fishing Report | CM(0) | TB(0) | ▲ top
★★Fishing Report 85 ★★
- 2017/04/03(Mon) -
皆さん

お疲れ様です。

またまたご無沙汰してしまいました…
仕事が忙しくて…
そしてありがたい事に第二子がこの度産まれ、それにあわせてなかなかバタバタなここ数ヶ月でございました。
どうぞご容赦ください。

過去の釣果でUpできていないものを少しずつあげて行きたいと思いまする

今回はかなり異例なターゲットです(笑)

blue green

85フィッシング・レポートです

どの辺が異例かと言うと、まず場所を日本に移したいと思います(笑)

昨年一時帰国した際に、嫁さんの実家、静岡でバス釣りに勤しんできました

本当に勤しみました!!(笑)
とゆーのも、嫁さんの実家から車で4分の所に湖があるので
毎朝、早朝トレーニングに行った次第です。
マズメだけ富士山を見ながら狙って帰るという、贅沢(^^)

計6,7日は竿を出したかなぁ?

なので、その約1週間分の内容を書いてみたいと思います

もともとルアーはバスで始めたので、大好きなジャンルです。

時期は11月です!

まず結果から言って、完全にパターンを見つけることが出来たのでめちゃ釣れました

11月にもなると日によっては相当冷え込む場所ですが、初日はとにかくバスを見つけようとシャロークランクで湖全体を流して行きます。

すると割と早い段階から反応あり
小さいですが釣れました。



そして初日の2匹目



2日目も湖の残り半分を同じようにシャロークランクで広範囲を探って行きます。
教科書通り、温まりやすいコンクリート護岸で1尾!



サイズは小さいですがバスからの反応があるだけでめちゃくちゃ楽しい…
そして、元々この湖のアベレージは大きくないので。

さて、この2日の短時間の中で数尾キャッチする事が出来ましたが、うっすらパターンと言うか、バスがどーいった場所にいるかが見えてきます。

共通している要素が2つ。

★流れ込みや流れ出しなど水の動く場所
★ウィードがはえている

どーやらこの2点が鍵のようです

コレをふまえて3日目以降は条件の揃った箇所をピンポイントで狙って行きます。
この湖の駐車場すぐそばに川からの流れ込みがあります。

そしてその沖にはかなり広範囲にウィードが生い茂り、仮説の好ポイントにピッタリ!

しかしここでは今まで使っていたシャロークランクは使いません。
毎度ウィードにひっかかり釣りにならないですからね…

そこで、ライトテキサスを投入。
これがまた大当たり
狙い始めてすぐに反応の嵐[emoji:v-355

ちょうど良い場所にキャストが決まった時などは着水してボトムまで落とした直後にコココココっとアタリ!



特にこの写真で見えているグラブタイプのワームが1番反応がよかったなぁ。
おそらくグラブだと他のワームより少しゆっくり目に落ちるのでいいアピールになったんでしょう!



同じパターンで入れ食い



違うワームでも!



調子の1番よかった日は2時間弱で10尾弱くらい釣れました★★
最後は数えてません(笑)

マズメだけの朝練にしてはかなり満足いく釣果。



そして、最終日が1番苦労したんです…
とゆーのも、最後に一気に冷え込んで…
まさに冬に突入したような朝でした。
しかし水温はそこまで変わっている様子もなく、ウィードによる保温効果も期待して、前日までと同じパターンで攻めます。

冷え込んだせいか昨日までのようにアタリは多発しせん…
全く同じ状況では釣れないので、同じような場所を狙いつつも、少しでも水深のある箇所を探して行きます。

ウィードエリアを流していく中で、今まで打っていない沖を攻めるべく、シンカーを少し重くして遠投

これが効きました。

追い風も利用してブン投げた先のウィードエリア、ボトムでグンっと重くなります

早アワセは禁物…

引ったくっていってる訳ではないので、長~いストロークでスウィープにアワセを決めます

すると大きくはないですが、それでもこれまてで1番重い

今回の釣行で最大の35cmを最後にキャッチする事ができました。



いゃぁ!
パターンを詰めていってこれだけ魚を出す事ができるとマジで気持ちいい

ルアーの醍醐味を再確認させてもらった久々のバス釣行でした

また帰国したら行きたいなぁ。

ではまた


この記事のURL | Fishing Report | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |