現在の閲覧者数: blue・green 2016年03月
FC2ブログ
☆☆ Fishing Report 71 ☆☆
- 2016/03/30(Wed) -
皆さん

お疲れ様です。

blue green

今回はライトゲームでチヌ狙いです!

71フィッシング・レポートです。

娘がベットに入ってから出かけましたので現着は21:45pm頃だったかな?
ウチから車で20分圏内に幾つもチヌのポイントがあります。
その内の一つ、先日Cheersさんの取材でも行ったDrummoyne

ここは護岸されてるのでとにかく釣りがしやすい☆★
満潮から下げに入ってるタイミング。
王道のシャロークランキングでスタート

始めて何投目だったかな?
10投もせんうちにゴゴゴっとアタリ
しっかり魚の重みが乗ったところでガツっとアワセ

大きくないですがチヌ特有の強い引き

抜き上げましたのがコチラ★



20cmちょっとかな?
すぐにリリースしてキャスト再開。
すると次のキャストでまたヒット(笑)



ちょいサイズダウン(笑)

更に更に^_^;

次のキャストにもヒット

ちょうど初めの一匹が釣れた辺りから砂地の浅瀬になっているので、どーやらフィーディングでシャローに上がっている様子

その砂地をノックしながらのクランキングがハマってます

これが3匹目。



サイズアップで30cm弱
これくらいになると引きが一段と強くなります。

まだまだ砂地は続きますので、後続を期待しながら釣り歩きます。
チヌのアワセで気を付けないといけないのは、一気に引ったくっていく時と、そーでない時があり、引ったくらない時はコココココっとついばむアタリが伝わります。
この時早アワセするとスカしてしまうので我慢が必要…
重みがティップに乗ってからバットを使ってアワセましょう

そんなこゆなゆーてると、また食ってきました
が、チヌではない。
グワングワンと首を振っているので、はいこれはコチ(笑)

その通りコチ



40cmくらいかな?

更にキャストを続けますと、また本命のアタリ(笑)
早アワセしないように、グンと重みが来たところでアワセをバスッと

チヌ追加★



今のところ全て同じルアー
名前が分かりませんがMariaのシャロークランクです。
かなりの好釣果を最近叩き出してます

しかしながら下げの効きが弱まってきたのと、ずっとクランクを流してきたのでさすがに反応がなくなります(笑)

そこで新兵器の登場
小型バイブレーション。
オーストラリアの現地モデルかもしれませんが、DAIWAMini Vibとゆー名前でしたかな?

クランクよりもロングキャストが出来ますので、今まで通せていなかった沖のボトムを探ります。

と、

これがバッチリ成功
コココココっときました

アワセを入れると気持ちいい引き



今晩5匹目ゲット★



フロントフックからがっつり!!

これでリミットメイク?達成(笑)

短時間でとても楽しいゲームでした( ´ ▽ ` )ノ
ではまた
スポンサーサイト



この記事のURL | Fishing Report | CM(0) | TB(0) | ▲ top
★★ Fishing Report 70 ★★
- 2016/03/25(Fri) -
皆さん

お疲れ様です。

blue green

70フィッシング・レポート
は、3月12日の釣行記です!

この日はIT屋のマサ氏とともにホームグラウンドへ
先週、legal size以下でしたがヒラマサをキャッチしているので腕がなります

空が白んできたあたりでもちろんトップをキャスト開始。
数人いる他のアングラーも同様にヒラマサ狙いのようです。

残念ながら、朝まずめはみな不発…
明るくなって海を覗き見ると緑がかっています。青くない。
経験上あまり芳しくないパターン

潮の動きも緩く、沈黙の時間が続き。

しかしながら、その時は突然やってきます

8時を回ったあたりでしょうか、ルアーローテーションはするもののしつこくトップを投げ続けておりまして。
ちょうどダイワドラドポッパーへ変えた直後でした。

緩い潮の中でもうっすら潮目ができてきた部分を丁寧に細かくポッピングしていると、派手ではありませんがズボッという音とともにルアーが海中へ消えます

ヒットー

いい重量感がロッドから伝わりがっつりアワセを決めます
そして更に追いアワセを2度ほど

鋭く重い引き

グイグイと根に潜ろうと引っ張ります

これはヤツだ

強い引きもまだまだ愛用ロッド APIA Wild Thing の敵ではありません

短時間で魚を浮き上がらせます!
そして一気にぶっこぬきます


ドーーーン



出たー



2週連続のヒラマサ
そしてサイズアップ



Legal sizeをギリオーバーの66cmでした

さて同行のマサ氏はその頃、ロッドを一旦置きサンドイッチを食べてました(笑)
実はこの魚を抜き上げる前に、後ろからあと3匹のヒラマサがチェイスしているのを目撃
その情報を伝え、マサ氏は至急釣りに戻ります。

持ち帰るために、血抜きと神経締めをしておりますと、横のオージー2人組の1人がヒラマサをかけます!
アジを釣り、生き餌のまま泳がせ釣りをしていた様子。

チェイスしてたうちの1匹かな?

まだ数匹いるとマサ氏も頑張りますが、残念ながらヒットならず…

その後も黙々とキャストを繰り返しますがヒラマサは回ってきませんでした。

ヒラマサは1匹のみでしたが、足元でサーモンがヒット!



なかなかのサイズでございました



この日の釣果はコレにて終了。

いやぁ2週連続のヒラマサは嬉しいですね
平政會々長の面目はなんとか保てた気がします(笑)

さて、同行したマサ氏は最近釣った魚を少しでも旨く食べる方法の研究に没頭しておりますて
釣り上げたヒラマサですが、マサ氏のアドバイス通り、すぐ食べずに、

・三枚におろしたら塩を表面にふって冷蔵庫で数時間寝かせ

・寝かせたら51度のお湯で洗い流し

・更に1日寝かせて食べる

このプロセスを行いましたらば、いゃぁ今までより間違いなくうまかった

またでかいの釣れたらこの方法でいただきます

ではまた

この記事のURL | Fishing Report | CM(0) | TB(0) | ▲ top
☆☆ Fishing Report 69 ☆☆
- 2016/03/19(Sat) -
皆さま

こんにちは。

前回、3月5日の釣行をお届けしましたが、今回はその翌日(笑)3月6日の釣行記です

blue green
69フィッシング・レポートです!

この日は★平政會★のカフェ屋ユー氏とIT屋マサ氏、そして自分の3人でPort Stephenes付近の磯へプチ遠征してきました
狙いはポツポツ上がっているというマグロ
主にLong tail tunaとYellow fin tunaの2種類がメインになるもよう!!
もともとはもっと北上する予定でしたが、この日の波の方角と高さがよろしくなく、諦めましてPort Stephenes付近での釣行です。

東からの波 1.5m

このPort Stephenes近辺のサーフには昔よく釣りに来てましたが、正直磯の知識は限りなく少なく、遠征と言っても場所探しからの手探り状態です。
Google mapを駆使し、目ぼしいポイントをいくつか見つけていたので一ヶ所ずつ潰していくしかありません
いい場所を見つけるためには必須ですね

一ヶ所目



小さい半島のようになっているので東からどれだけ波がきても避けられる場所。
ベイトもチラホラですが、あまり大物の回る気配はありません。
ちょっと浅い。
それでも2投目にサーモン



マサ氏はテイラー



ここは粘らず見切ります。
一旦町へ出てお食事タイム
ここはシドニー付近では有名な観光地ですので週末になるとわんさか外国人がいます。でも地場産業が乏しいためか過疎化が進んでます。

それはさて置き、腹ごしらえを済ませ次のポイント・作戦会議
マップでは正直はっきりと見えないですが、距離と雰囲気からとある一ヶ所を絞り出します。

それがココ



マサ氏が、ユー氏と自分をパシャリ★



ココはヤバイです
マグロおそらく出るポイントでしょう
水深、潮の当たり具合、地形、間違いなく一級



即座にキャストを開始します



黙々とキャスト



でも時間がよくなかったですね(笑)
真昼間ですから。
数回青物のチェイスを確認しますが、ヒットに至らず。

この後、昼寝などを挟みながら粘りますがダメでしたぁ
でもこのポイントを見つけたのは大きい
次回はいい時間帯にチャレンジしてみます


この記事のURL | Fishing Report | CM(0) | TB(0) | ▲ top
★★ Fishing Report 68 ★★
- 2016/03/18(Fri) -
皆さま

こんにちは。Keigoです。

blue green 今回は3月5日の釣行記です

68フィッシング・レポート

この日は★平政會★・IT屋のマサ氏とともに、シドニー北部の磯へ

不覚にも寝坊してしまい、慌てて出発
それでも何とかマサ氏とほぼ同時に現着し、釣り場へと向かいます。

すでに1人の先行者

更にタックルをセットしている間にヘッドライトがチラチラ何人分か近づいてくるのが見えます(-。-;
今日も激戦か…と思い、早く自分の立ち位置を確保
もう少し明るくなるまでキャストは我慢。
横のおじさんはほぼ真っ暗な中でキャストを始めています。

もちろん暗い時間帯でもカツオなど釣れた経験はありますが、やはり平政を狙ってますので、陽が少し昇ってきたくらいのベストタイミングまで海にプレッシャーを与えないようにしております。

いよいよ薄明るくなってきたところでキャスト開始
さぁこい

意気込んでスタートしますが反応なし(笑)
あっちゅーまに明るくなってきます。



ドカンと出そうな雰囲気ばかりが釣り場を包みますが、実際は静かなスタート。
その後、横にいたおじさんアングラーが小さいハガツオを連続でかけます。
自分の左奥で釣っていたオージーアングラーももう一回り大きなハガツオをかけています。ベイトが回ってる模様

そして自分にもチビハガツオがヒット



しかしこの後が自分らには続きません…
横のおじさんは相変わらずチビハガツオをかけ続けています!
見ると、小さいジグを早巻きしています。
比べて自分らはメインが対平政のトップ。

ちょいと休憩(-。-;



いい具合に曇っていた天気も良くなる一方
釣りをしてなければ喜ぶところですが、曇り & ちょい雨は best for fishing。

1人、また1人、そして団体と諦めて帰っていきます。

そして我ら平政會内でジンクスを超え、確信になりつつある『ヒトヒト・マルマル』11:00amの奇跡(笑)
この時間に近づき、ふと今までオージーアングラーが陣取っていた左の張り出しに向かいます。何となく。

そして大きく出来た払い出しを狙ってトップを投げていると横のオージーがこの場所を見切り移動して行きます。
ここぞとばかりにキャストしまくり

そして

一瞬、マサ氏の方に目を向けた瞬間耳に入る『バシャッ!!』の音、そして手元に伝わるアタリ
ほぼ反射的にアワセを1発
確かな重みが腕に
しかーし(; ̄O ̄)
よそを見ていたのと、かなり岸際でかけたので一瞬にして手前の磯際下の根へ入られます…
バレてはいませんがラインが根にかかっているのが見えます
正直無理か…と思いました。
でもベールをフリーにしてラインを出すと魚が引っ張りラインも出て行きます。
つまりラインが完全に引っかかったわけではない

思い切って完全にフリーにし、張らず緩めずでききます。
するとゆっくりではありますが沖にラインが出てきました
再度根に入られないよう、充分離れたのを確認して一気にロッドパワーで水面まで上げます
白い魚体が水中で泳ぎ回っております
そのままの勢いでぶっこぬき

正体は…



大本命、ヒーラーマーサー



大きくありませんがれっきとしたKing fish



実測59cm

規定の持ち帰り可能サイズ65cm以下なのでリリースしましたが、久しぶりの平政に大満足

薄暗い時分から根性でトップを投げ続けたことが報われました…

いやぁ嬉しか

また遊んでくれよ

今回いい働きをしたのがコレ。



ダイワのドラド・ポッパーです

いゃあ、本当にありがとう!

今回はコレで打ち止めとなりました。
シドニーは平政のベストシーズンに入ってきております。

近いうちにメーターオーバーやっつけたるぞ









この記事のURL | Fishing Report | CM(0) | TB(0) | ▲ top
★☆ Fishing Report 67 ☆★
- 2016/03/10(Thu) -
皆さん

お疲れ様です!

blue green

67フィッシング・レポート です。

今月3月初旬、ちょろっとできた時間を使い、湾奥でのチヌゲームに行ってきました

場所は Iron Cove
広大な護岸エリアで、釣りのしやすいポイントです
フラットなボトムで岸際に牡蠣が付着しています。チヌが好む要素あり。
比較的まだ潮位の低い時間に入りトップで狙います



開始程なくしてテイラーが好反応★
小さいですがかなりの数がアタックしてきます



日本にはいない魚ですが、性格的にはメッキのような感じですかね?

その後、Rowing Clubのボートランプに差し掛かります。このあたりは少しだけ深くなっているのと、岸際からゴロタがチラホラ。

引き続きポッパーを流していると、40cmほどの魚体がポッパーを追いかけてきます
そして目の前でドバッと反応
しかし残念ながらのらず…
出た瞬間に見えましたがナイスサイズのキスでした。

気を取り直し、数メートル移動してキャストしますと、またチェイス
そしてバシャン

今度はHIT
しっかりフッキング

ちょいとドラグがゆるすぎ、引き出されますが、すぐさま調整!
なかなかの引き
これは間違いなく本命☆☆

ドーン


30cmを若干きるサイズ。


その後もう1尾小さいチヌを追加。



短時間でしたが充分楽しめました
マズメ時に試せばおそらくさらなる釣果が期待できるでしょう

いずれいい時間に来てみたいと思います☆

では
この記事のURL | Fishing Report | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Cheers 釣り特集 第3弾
- 2016/03/10(Thu) -
皆さん

毎日お疲れ様です。

Keigo です。

さて今回の blue green は、オーストラリア内・日本人向け情報紙 Cheersさんの釣り特集 第3弾です


表紙がこちら




ありがたいことに、これで3度目の特集を組んで頂き、我ら平政會で取材協力させて頂きました



今回のお題は『チキチキ・ライトゲームバトル
釣りのしやすいシドニー湾奥で、ポイント制のミニトーナメント ^o^

こちらが実際の記事。



1番ポイントを高く設定したチヌが出なかったのが若干悔やまれますが、コチは良く釣れました★



内容も漫画調になっており斬新
軽いタックル、軽装、近場で楽しめるので、シドニーでルアー始めたいなぁって思ってる方にはオススメのスタイルです。



2月15日に発行されてまだシドニーの街中で手に取って頂けます。
ジャパレスや紀伊國屋、エージェントなどで一部と言わず二部、三部(笑)

ウェブでも見れます
http://www.cheers.com.au/guide/fishing/1120

是非ご覧下さ~い


この記事のURL | メディア | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>