現在の閲覧者数: blue・green 2015年12月
FC2ブログ
★☆ Fishing Report 60 ☆★
- 2015/12/18(Fri) -
皆さん

お疲れ様です。

Keigoです。

今回のblue green は、12月12日 日曜日の釣行記。

この日は青モノフィーバーでございました!!ので、そのもようをお伝えします。

60フィッシング・レポート です。

この日も平政會メンバー4人で、いつもの磯へ。
朝まだ暗い中、準備をすすめます。
自分らの他にも数名のルアーアングラー達があとから来ますが、まずは僕らだけ。

日も明けやらぬうちにキャストを開始します(笑)特にカフェ屋のユー氏は、もう待ちきれん!!って感じで(笑)

IT屋のマサしから好釣果だとの情報で、自分はダイワドラド・スライダーからスタート。

これはシンキングモデルなのでワチャついた波でも飛び出すことなく水をかみます。
そして開始早々でした
何投目かのキャスト後、少しだけ沈め、表層付近を水中ドッグウォークさせるイメージでゆっくりジャークを入れていたときにドドン!!!
いいアタリが手元に伝わり、すかさずアワセ★
覚えのあるブリブリ感が伝わってきます。

そこまで大きくないもののよーく引きました!

ハガツオGET ☆★



ご覧のどーりまだ暗いですね(笑)
ここまで暗いうちにカツオがかかったことが今までなく、ちょっと驚きと発見!

そしてココからがすごかった!
日が明けると新入會員ワーホリ屋のクニ氏が爆発🔥
7月にオーストラリアへ来たばかりで、もちろんタックルも限られている彼。
他のメンバーに比べるとかなりライトな道具立てですが、それが反対に功を奏したもよう❗️

『きましたー!!』

の声に振り向くとロッドが曲がりまくり。
初めてしっかりとナイスな青モノをのせることに成功★☆

相手はオーストラリアン・サーモン
サーモンはエラ洗いするのですぐわかります。
何度も何度も突っ込みに堪え、最後の難関ランディング!!
ここは気を付けなくてはなりません💦💦
波のタイミングに合わせてずり上げないとロッドが折れますからね。

無事にキャッチしたのがこちら❗️



エサ食いまくりで腹パンパンのいいサーモン!!



これは引いたでしょう!
サーモン、おめでとう✨✨

そしてそこまで時間をあけずにまたHIT

さきほどとは引きが違うとの事でサーモンではない様子。
今回の魚は…

ハガツオでした!



サーモンに続き、初ハガツオおめでとう✨

まだまだいきます(笑)

その後更に少しサイズダウンのハガツオを追加して、今度は今日1番の引きがクニ氏におそいかかりまっす!!
これまでにあげた魚とはうって変わりドラグをドンドン出す引き❗️

まさか❗️
あやつでは??という思いが脳裏を横切ります!
見えてきた魚体は… マジですか⁉️💦
やはり本当にヒラマサ🔥🔥



持ち帰りできる Legal sizeには届きませんがいい魚!!

なんとシドニーからの磯ルアーゲームで主な3ターゲットを1日、しかも数時間で全て釣り上げてしまいました(笑)奇跡や✨

まさに 🔥on fire 🔥

シドニーへ来てからこれまで、何度も何度もチャレンジして…
中々いいサイズを釣らせてあげることができませんでしたが、本日ようやく報われました!

このあと少し停滞の時間。
潮も緩くなり反応もほぼなくなります。


が、しかーし!!

またもや11:00 am!
ひとひと まるまる』のジンクスが!

確かに上げ潮が効いてきたのと、この日はずっと曇天で 11:00 am頃がいい時間帯ではありました。
そーは言うものの、この中途半端な時間にまたもやフィーバーです(笑)

特にまたクニ氏❗️

もう一投一尾の勢いでHIT連発!
しかもヒラマサを(笑)

ただこの時は向こうが上手で…
フックが外れたり、根に潜られて切られたり…
その後、本日2尾目のヒラマサをあげることはできませんでした。

時を同じくしてユー氏も連発!
サーモンとカツオを立て続けに釣り上げます!

自分は大型ヒラマサ狙いオンリーでトップを未だに投げ続けており(笑)
何度も反応はあるものの中々しっかり乗らずじまい…💧

そしてずーっとボーズだったマサ氏が最後の最後にサーモンを釣り上げてこの日は終了となりました。

見てください!
このいいハガツオ達!



しかしながら…

実は今朝現場に着く前にガソリンスタンドに立ち寄り、氷を買おうと思ったら、なんと売り切れ💦💦💦

夏の週末に氷ないてどーゆー事ね??
とゆーことで調達ができませんでした為、カツオは持ち帰りましたが生で食べずに竜田揚げにしました!

本当は刺身やヅケで食べるのが一番うまいですからね!次回は氷がある事を祈りまくります!!

さて、今回は特にクニ氏の大フィーバーでした。

本当におめでとう✨✨✨

ではまた👋


<< Keigo 使用タックル >>
ロッド: APIA Foojin Wild Thing 100MHX
リール: DAIWA ソルティガ 4500H
ライン: Varivas Avani Casting PE マックスパワー 4号
リーダー: Sunline System Shockleader フロロ 70lb


スポンサーサイト



この記事のURL | Fishing Report | CM(0) | TB(0) | ▲ top
☆★ Fishing Report 59 ★☆
- 2015/12/15(Tue) -
皆さん

こんにちは!

12月12日の早朝、数時間だけチヌを狙いに行きましたのでお伝えします。

blue green

59フィッシング・レポート です。

この日は午前3:30頃が最干潮。
狙うエリアが基本的にシャローなため、干潮過ぎてあげてくるタイミングを狙うことにします。
4:00 amちょい前くらいに現着。
あたりはもちろん真っ暗です(笑)
しかしDrummoyneにあるこのポイントは水際すぐ横に道路があるので、常夜灯がほんのり明るく照らしてくれています。

やはり予想通りにまだ水位が低い状況。

そこでチョーシャロークランクをセレクト。
Mariaから出ているこのクランクは、小粒で小さいリップながらブリブリとしっかり泳ぎ、手元に使用感を伝えくれるのと魚にもアピールしてくれます。

水位が低くても遠投の必要はありません
あくまで浅場狙い。水深が50cmもあれば、チヌは餌を探しにあがってきます。

しかし!
さすがに浅い(笑)
まともにリトリーブするとこのシャロークランクでも藻を引っ張ってきてしまい釣りになりません。

そこで着水後ロッドティップを極力上げて、水面直下を泳がすイメージで
なんか管理釣り場のトラウトやってるみたい(笑)

暗い中あちこちで小魚がピチャピチャしているので活性はありそう★

そしてこのどシャロー釣法で何投目だろう?本当に5、6投だったと思いますが、水面直下を泳いでいたクランクにゴゴゴゴゴッっと!
コレでもかという明確なアタリ

HIT

アワセはすっぽ抜けないようにスウィープに

その途端、かなりの重量が手元に伝わります
そして首を振るような引き!
あ、これはデカいコチか!と思いきやいいサイズの本命チヌ

水位が低い関係で足場が高くなってしまっており、細いラインを使っているので迷いましたが、恐る恐る抜きあげました(笑)



ガッツリ食ってます!!



餌をよく食べてる肥えた個体はよく引きます!

写真を撮ってリリースし、次のキャストへ。

と思ったら早速バイト(笑)
今度は軽いですが、よく泳ぎわまる

正体はコチでした!



その後明るくなってきたのでトップで狙い始めます

写真は撮りませんでしたが小さいテイラーがすぐ釣れます。
そしてチヌらしき反応がトップに幾度も出ますがなかなか乗らない…
ポッパーから始めて、ペンシルにしたりスイッシャーにしたり。
やはりどれも反応はありますが結局この日はトップにチヌが乗り切りませんでした。

でも朝一いいサイズに出会えたので満足

本当に近場で楽しめるのでチヌゲームいいですなぁ~

ではまた!

この記事のURL | Fishing Report | CM(0) | TB(0) | ▲ top
★☆ Fishing Report 58 ☆★
- 2015/12/14(Mon) -
皆さん

こんにちは、Keigoです。

今回の blue green は、11月28日の釣行記でござります!

58フィッシング・レポートです!

この日は『平政會』メンバー、コージ氏と最近勝手に入會させた(笑)クニ氏 & 自分の3人でいつもの磯へ!

時折小雨がぱらつく抜群の釣り日和
ドラマを期待し夜明けよりキャストを開始します。



僕らの他にも地元オージーアングラーが2名ほど。皆ヒラマサ狙いのルアーマン
自分も最近の目標はもっぱらメーターオーバーのヒラマサに限定しているので、トップのペンシルからスタート。
日本では今ヒラマサのトップゲームが人気ですが、オーストラリアでもトッププラグはヒラマサに良く効きます
自論ですが、ヒラマサは他の青モノに比べ知能が高いような印象を受けるので、ラインが一切水中に入らないトップでの釣りが一番見切られにくいのではと。

あと、これはヒラマサに限った事ではないですが、青モノは全般、ベイトを水面に追いやり捕食するのでトップでの水面バチャバチャが活性のスイッチを入れやすい、という面もあるかと思います。

さて釣りに戻りまして、この日は予報に反して波がわちゃついています
とゆーよりは予報の方角が間違っていました…
真南から北に向けての波予報だったんですが、どーみても自分達が向かっている東、もしくは南東からきている模様…
この方角では波が低い日でもキツイ…

朝一はまだ干潮だったのでなんとかキャストを続けます。

そして風も強くなる中、8:00am に報われます

黙々とキャストし続けていたコージ氏にHIT
そしてロッドは綺麗な弧を描きコレでもかと曲がっています

いいサイズのようす☆☆

あっちへこっちへと走り回りますが、コージ氏、見た感じは落ち着いております!
内心は分かりませんが(笑)
とゆーのもコージ氏はまだ磯からのルアーゲームを始めて日が浅く、いいサイズの青モノを掛けた事はあるものの、あげた事がありません

横からあーして、こーして、と常に付いて回り(笑)少しずつ弱らせたのち、波のタイミングでぶち抜きドーーン

やったー



正体はよく肥ったオーストラリアン・サーモン



ちょっと写真撮る瞬間に動いてしまいましたが、堂々の56cmでございます

おめでとー

さて自分も!と続きたいところでしたが…
このあと満潮に向け、ドンドン波が高くなってきます
そしてしまいには波に押され転けるしまつ

コレはあかん

とゆー事で場所変え致します。

車で10分ほど離れた別の地磯へやってきますが!!
ここはまったくダメでした

なのでこの日はコージ氏の初サーモンで納竿です。

クニ氏も渡豪して以来まだ青モノを釣り上げておりません…
アタリはあったよーですが、乗らなかったと

懲りずに次回がんばりませう!

自分も平政メーターオーバー目指してトップを引き倒します

ではまた




この記事のURL | Fishing Report | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |